子供がいた時の男性の場合の離婚

男性視点の離婚の場合

離婚のときに、離婚となった責任があるのは男性側ろいうケースが多いと感じると思いますが、実はこれは女性視点の離婚像が大きく影響しており、男性についての離婚話が女性に責任があっても表に出てきにくいといった影響で知られていないだけです。

 

男性も離婚をする時には多く悩みを抱えます。
特に子供の親権に関しての悩むは多く、法律上では子育ては母親側がおこなうことが望ましいといっていることから女性が親権を持つことが普通と考えられていますが、決して父親が親権を持ってはいけないという理由にはなりません。
ですから、もしも親権問題で子供をどちらが育てるか問題になり、裁判になったとしても、子育てに対して大きな障害がなかった場合には、親権を主張することは出来るのです。

 

大きな障害がなかったらといいましたが、この障害があった場合には、男性の場合には親権を受けることが出来ないこともあるので弁護士と相談する、またはコレまでの仕事環境を変える必要などがあり、今まで積み上げてきたキャリアなどを手放してしまわなければならない可能性もあるのです。

 

仕事や子供の育児をしていくうえでの環境変化と適用が、もしも男性が子供の親権を求めたときに必要なことになるのではないでしょうか。